「DIY」自分で畳の下を断熱する方法・和室を断熱するコツ

「和室」を自分で断熱する方法についてまとめました。

photo by Otota DANA

 

実はスカスカ!畳の下を拝見

畳は通気性が良く弾力性や柔軟性を兼ね備えている素材で、日本人にとっても昔から馴染み深いもの。ただ、その通気性の良さからか「冬の冷え」を辛く感じやすい場合もあります。

また、特に何も断熱対策をしてない畳の床下を見てみると、実は、かなりスカスカな状態に↓


出典:https://blog.livedoor.jp/koroyasu_sekou/

根太(ねだ)と呼ばれる支えの部分に、合板が乗せられてるだけで、その上に畳がのっけてあるので、特に北国などの隙間風が強い地域では、「畳だけ」だと底冷えしてしまうのも当然と言えます。

 

畳の下を断熱する方法

そんな畳の下を断熱するには、例えば次のような方法があります。

  1. 畳の下に新聞紙を重ねて敷き詰める
  2. 畳の下に断熱シートを敷き詰める
  3. 畳の下にグラスウールやロックウールといった断熱材を敷き詰める
  4. 畳下の板を断熱効果のある板に張り替える

少し詳しく解説していきます↓

1.畳の下に新聞紙を重ねて敷き詰める

最も簡単なのは、畳の下に新聞紙等を敷き詰める方法。ただ、これは「昔ならでは」の断熱方法でもあり断熱効果はそこそこ。

わざわざ、「畳を自分でひっくり返す」という面倒な事をやるなら、あえて「そこそこ効果」の方法をとる必要はありません。

2.畳の下に断熱シートを敷き詰める

自分でDIYで畳の下に断熱をしたい!という時に、最も現実的で高い効果も見込む事ができるおすすめの方法。

具体的なやり方については、記事後半に詳しく紹介していきます。

3.畳の下にグラスウールやロックウールといった断熱材を敷き詰める

グラスウールは細いガラス繊維で出来た断熱材で、耐熱・耐食性に優れた素材。ロックウールは岩などを溶融して作られており、耐熱効果はもちろんのこと耐火材としても使用されます。

グラスウール・ロックウールともに吸湿性は低いため、畳の下に新聞紙や除湿シートを敷いてグラスウールやロックウールを敷く方がカビ対策にもなっておすすめ。

▶関連:「断熱材の種類」ロックウールとグラスウールの違いと特徴

ただ、断熱シートと比べ「厚さ」が一番薄いものでも25mm程度は必要なので、畳下のスペースに余裕があることが使える条件に。

また、Amazonやホームセンター等で購入する事はできるものの、施工にテクニックが必要なので(厚みが出る対策等)、自分でDIYでやるというよりは、「リフォーム業者に依頼してやるもの」と思っておく方がいいかも。

4.畳下の板を断熱効果のある板に張り替える

断熱効果のある板として、最もポピュラーで使いやすいのが「スタイロフォーム」と呼ばれるものです。


https://www.dowkakoh.co.jp/styrofoam/feature.html

スタイロフォームは、ダウ化工で販売されてる断熱板の商品名の事で、かなり大雑把に言うなら「次世代タイプのすごい発泡スチロール」です。

実際にこれを使って畳の下を断熱する時には、

こんな風に、スタイロフォームをカットして、根太の間にパカパカとはめこんでいくだけ。発泡スチロールのような素材なので、カッターで簡単にカットする事が可能で、取扱いもラクです。

ただ、実際にはめこむ時には、そのままはめるだけだと…


出典:https://blog.livedoor.jp/koroyasu_sekou/

畳の下はこんな感じになってたので、隙間からするするとスタイロフォームが抜けていってしまいます。

そのため、WZピンと呼ばれる専用金具をつかって取り付けるか、根太の下に落ちないような加工が必要に。ちなみに、材料費を含むこれらの施工を業者で頼むと、6帖程度で約7万円ぐらいはかかります。


https://www.dowkakoh.co.jp/styrofoam/product/styrotatami.php

お金はかかってもいいから、とにかくしっかり和室の部屋を断熱したい!という時には、こんな断熱効果に特化した畳に買い換える方法も。

こちらは、床下にスタイロフォームを使うのではなくて、畳そのものの材料に「芯」としてスタイロフォームを使っているので、その断熱効果はかなり強力です。

スポンサードサーチ

 

【現実的】畳の下を断熱DIY

…ここまでで、

  1. 畳の下に新聞紙を重ねて敷き詰める
  2. 畳の下に断熱シートを敷き詰める
  3. 畳の下にグラスウールやロックウールといった断熱材を敷き詰める
  4. 畳下の板を断熱効果のある板に張り替える

という4つの畳の下断熱プランを紹介しましたが、途中で伝えたように、自分でもやりやすくて高い断熱効果も見込める方法は、2番目の「畳の下に断熱シートを敷き詰める」という方法です。

畳をひっくり返してはずす。合板の上に断熱シートをサイズを合わせて敷く。タッカー等で止める(面倒な省いても)。畳を戻して完成!

こんな感じに、基本的に畳の下に敷くだけで出来るからです。実際に、この断熱DIYをやる方法は次のとおり↓

その1:畳を外す

まずは、畳を外すところから。畳を外すには、「畳引きかぎ針」と呼ばれる専門用具を使う方法があります。

ただ、こんな専用道具は普通は一般家庭にはなく、わざわざ購入すると4,000〜5,000円もする高い道具なので、マイナスドライバー等を使って代用する方法がおすすめ。

かぎ針をひっかけていたように、「畳のへり」の部分にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理で引き上げるだけです。

畳のへりの部分は、一番丈夫な部分で、それ以外の所に差し込んでしまうと、畳を傷つけてしまう可能性があるので要注意です。

最初の1枚さえ外してしまえば、残りはスムーズに外す事ができます。

その2:断熱シートをひく

床に断熱シートをひいていきます。

畳下用におすすめ


保温シート アルミホットンシート
こたつやホットカーペット用の下敷きアルミマット。

アルミフィルム&発泡ポリエチレンで、熱を逃さず冷気をシャットアウト。

畳の下には、こんな感じの「アルミのホットシート」がおすすめ。カッターやハサミでカットしつつ、全面に敷き詰めるだけです。

その3:タッカーで固定

タッカーで固定する事で、畳を戻す時に断熱シートがズレるのが防げます。

そんなに広いスペースでやらない時や、そこまで細かい事を気にしない人は特にやらなくてもOK。

ちなみに、せっかく畳を返したのだから、自分でやれる範囲でもっと高い効果を出したい!という時には、「防湿気密シート」を断熱シートの上にのせて、タッカーで止めるのがおすすめ。

防湿気密シートを断熱シートの上に乗せる事で、室内に湿気や冷気が入るのを防ぎます。特に「湿気」を防ぐ事で、畳の裏のカビ予防にもできます。

その4:畳を戻す

最後の畳を戻します。

畳を戻す時には、できれば「もとあった同じ場所」&「もとあった同じ向き」で戻す方法がおすすめ。

おすすめ…というより、このやり方じゃないと、ぴったり元に戻らず うまくはまらないという自体になりかねません。

畳は、その性質上どうしても ぴったりはめる事が難しく、最初に畳をはめる時にも 現地で微調整しながらはめる事が多いのだそう。

なので、隙間なくはめるためには、もともとあった場所と向きで同じように置くのが確実です。

もとあった場所を忘れないためには、マスキングテープ等を使って畳に向きと番号(位置)等をメモしておき、貼り付けておく。また、マスキングテープを貼った状態で、スマホで部屋全体を写メしておく…等とやっておくと完璧ですね。

スポンサードサーチ

 

その他、和室を断熱するテクニック

和室の断熱方法には、上記で紹介した畳下の断熱方法の他に、部屋の壁や屋根を断熱対策したり、窓やカーテンで断熱対策をする方法等もあります。

近年の住宅では部屋の壁や天井にはすでに断熱材が設置していることが多いのですが、例えば、「天井は断熱対策されているけど壁は未対策」という場合もあるので、一度、チェックしてみるのも良いかもしれません。

壁や天井の断熱対策がなされていない場合は、グラスウールやロックウールで断熱対策がおすすめ。グラスウール等はホームセンターなども購入することが出来、カッターなどで好みのサイズにカットして使うことができます。

また、窓を二重窓にしたり窓枠のサッシを断熱効果のあるサッシに変えると、隙間風やサッシの冷えを抑え、かなりの高い断熱効果を実感できるはず。

▶関連:断熱リフォームを自分でやろう!場所別DIY方法と費用まとめ 

どうやって畳の断熱を下?

断熱リフォームの正しい相場が分かる!
★断熱が得意な「有名工務店」も一発検索

リフォームは一般的な買い物に比べ、適正価格が不明瞭ですよね。

「お金を出せば、いいものが出来るのは分かる」
「だけど、逆に、いくらあればできるの?」と思っている人も多いはず。

また、断熱工事は断熱材の優劣で値段が高ければ良いとは限らず、工務店の腕が重要視されるリフォームです。

気密測定・熱損失測定などの専門的な知識を持ちつつ、断熱材の特性も理解した上で、丁寧に施工を行って、初めて100%の性能を発揮。

プロの断熱工事は「魔法瓶住宅」とも言われていて、
夏も冬も室内の温度が一定に。これまで体験した事ない快適さが特徴です。

ですが、表から見えない壁の裏側の工事のため、「手抜き」とまではいかないまでも、断熱材を貼るだけでさっさと終わらせる業者も多いそう。

断熱リフォームが得意な工務店も、その適正相場も分からず進めた結果、高い出費だった…と後悔してしまう前に、まずは正しい情報を知るのが大切です。

そんな、最初の情報収集が捗る便利なサービスが、
「タウンライフ」が行っているリフォームプラン作成です。

タウンライフのサービスを上手に活用すると、やりたい箇所の正確な相場が分かり、腕がいい有名工務店を探すのがとてもスムーズに。

ただ、うまく使いこなすためには、
まずは「リフォーム費用の見極め方」を知る必要があります↓


これが鉄則!断熱リフォーム費用の見極め方

断熱リフォームの適正価格を知るには、見積り価格だけでは不十分です。
必ず、アイデアやプランニング等の提案も一緒に貰うのがポイント。

提案を見て、この値段でどこまでやれる?が分かるので、
その工務店のレベルを見極める指標にする事ができるからです。

そして、見積りと提案を合わせたプランは複数用意するのが鉄則。同じ条件でやった場合の比較ができ、やりたい断熱リフォームの現実的な相場が掴めます。

「タウンライフを活用すべき」理由は、詳細な提案内容をいくつもの複数の優良店からまとめて貰う事ができるからです。

まず、提案内容は「アイデア&アドバイス」と「プランニング」の2項目。
これは、同じサービスを行っている同業他社と比べて、かなり綿密な内容です↓

この提案は、近所の有名工務店が、希望するリフォームに合わせて
一からオーダーメイドで作成してくれたものです。

これが3〜4店分まとめて手に入り、同じ条件で比較できるので、
しっかりと正確な相場の把握がやりやすくなるというわけです。

無料でプランを貰う
【タウンライフ活用ワザその1】
近所の優良店を今すぐ探す

タウンライフでは、家の近所にある優良な工務店を、登録等も不要で今すぐに見つける事ができる便利な機能があります。

※他にはない、タウンライフだけの便利な機能です。

自分の地域を選び、次のページでやりたい内容にチェックを入れるだけ。

同じページ内の下側に、近所の優良店が一覧で表示されます。
とりあえず、近くの工務店をリサーチしたい時に活用してみて下さい。

近所の優良店を見る
【タウンライフ活用ワザその2】
複数のプランを一括で貰う

近くの店舗の把握しておくだけではなくて、
実際にオーダーメイドでプランも作って欲しい時にはこちら↓

何度も同じ要望を伝える手間なしで、複数プランをゲット!
同じリフォーム内容&要望でも、プランの内容は工務店によって十人十色。その工務店ならではの特徴が分かるはずです。

(気密理論や熱損失に関する知識が豊富/。税金控除や助成金に詳しい等。)

1番グッとくる、理想に近いプランだけを厳選してみて下さい。

無料で一括依頼する
「店舗からの電話に出たくない!」時の対策

実際に依頼する場合は、イタズラ防止のため電話番号入力も必要です。

もし電話連絡されるのがイヤな場合、少し手間がかかりますが、メール連絡のみに指定できる方法があります。

※ タウンライフ本社に、直接 電話で聞いて確認をとった確実なやり方です。

まずはフォーム内に、このように追記↓

送信後、タウンライフに一度だけ電話を入れて「メール連絡のみにして欲しい」旨を伝えれば完了。知りたい情報だけメールに統一して、効率的に受け取れるようになります。