リフォームで断熱材の設置時によくある手抜き工事と対策方法

快適な暮らしを求めたり、節電を試みて住宅の壁や床などを断熱仕様にリフォームする人が増えています。しかし、このようなリフォームで手抜き工事による被害が増えているのも事実です。

photo by Darron Birgenheier

 

断熱材を設置する時の手抜き工事例

断熱材を仕込める場所は家中数多くあります。

壁や床、天井、窓、浴室、トイレ…。様々な場所を様々な工法で断熱リフォームを行うのですが、中には手抜き工事によって全く断熱効果のない住宅だったり、結露が激しい部屋があったりとても迷惑な被害にあっている人もいます。

例えば、「ユニットバスの洗い場床裏に吹きかけるタイプの断熱材を仕込むリフォーム工事を依頼したが、施行がいい加減で未施工個所があるにも関わらず工事が終了した。」や、「壁にボードタイプの断熱材を仕込んでもらったはずが、隙間だらけで断熱の役割を果たしていなかった」などがあります。

このように手抜き工事は素人には分からない、目に見えない個所での工事が多く、利益優先な業者が多いようです。

また、「室内に蓄積した熱を外へ排出するような空気層が設けられていないため、室内は常に熱がこもって暑い」という声もあります。ただ断熱材を仕込むだけではかえって不快な部屋になってしまうこともあります。

 

断熱材をちゃんとつけてもらう「手抜き」防止対策

どのようなリフォームをする際にとっても重要なことは「良い業者を選ぶこと。」です。

  1. リフォーム業者は最低3つ程ピックアップする。
  2. リフォーム業者の得意とする分野が自分の希望にあっているか。
  3. リーフォーム経験や実績が豊富かどうか。
  4. 施行内容を分かりやすく説明してくれるか。
  5. 連絡がちゃんと付きやすい業者かどうか。
  6. 本社や支店が契約書通りの場所にあるか。
  7. 契約をせかさない業者かどうか。
  8. 建設業許可申請や事業者団体へ加盟がなされているか。
  9. 施行後、どのような工事を行ったか写真や図面で説明してくれるか。
  10. リフォーム後も何か問題があったら対処してくれるか。

上記10点に気をつけましょう。業者を3つ以上ピックアップすべき理由は、いくつかの業者の対応や見積りを比べより自分達にあった業者を見つけるためです。

リフォーム業者には得意とする分野を持っているところが多く、その得意分野をしっかり見分けることで依頼したいリフォーム内容に適しているかどうかの判断ができます。

また、悪徳業者といられる業者は、工事の契約を急かしてきたり契約書に記せられている住所に、本社が存在しないということも考えられます。

「おかしいな」と思って後から連絡しても時すでに遅し。連絡が付かず散々な目に合うということも実際に起こっています。

さらに、工事終了の説明時に工事内容を写真などでしっかり説明してもらうようにしてください。これは工事が始まる前に依頼しておくべきです。写真を見てしっかりした工事がなされたかどうかを自分の目で確かめるのです。

このように、リフォーム時には「良い業者を選ぶこと」に加え、自分でも最低限の知識を頭に入れておくことが手抜き工事をされない秘訣となります。

断熱リフォームの正しい相場が分かる!
★断熱が得意な「有名工務店」も一発検索

リフォームは一般的な買い物に比べ、適正価格が不明瞭ですよね。

「お金を出せば、いいものが出来るのは分かる」
「だけど、逆に、いくらあればできるの?」と思っている人も多いはず。

また、断熱工事は断熱材の優劣で値段が高ければ良いとは限らず、工務店の腕が重要視されるリフォームです。

気密測定・熱損失測定などの専門的な知識を持ちつつ、断熱材の特性も理解した上で、丁寧に施工を行って、初めて100%の性能を発揮。

プロの断熱工事は「魔法瓶住宅」とも言われていて、
夏も冬も室内の温度が一定に。これまで体験した事ない快適さが特徴です。

ですが、表から見えない壁の裏側の工事のため、「手抜き」とまではいかないまでも、断熱材を貼るだけでさっさと終わらせる業者も多いそう。

断熱リフォームが得意な工務店も、その適正相場も分からず進めた結果、高い出費だった…と後悔してしまう前に、まずは正しい情報を知るのが大切です。

そんな、最初の情報収集が捗る便利なサービスが、
「タウンライフ」が行っているリフォームプラン作成です。

タウンライフのサービスを上手に活用すると、やりたい箇所の正確な相場が分かり、腕がいい有名工務店を探すのがとてもスムーズに。

ただ、うまく使いこなすためには、
まずは「リフォーム費用の見極め方」を知る必要があります↓


これが鉄則!断熱リフォーム費用の見極め方

断熱リフォームの適正価格を知るには、見積り価格だけでは不十分です。
必ず、アイデアやプランニング等の提案も一緒に貰うのがポイント。

提案を見て、この値段でどこまでやれる?が分かるので、
その工務店のレベルを見極める指標にする事ができるからです。

そして、見積りと提案を合わせたプランは複数用意するのが鉄則。同じ条件でやった場合の比較ができ、やりたい断熱リフォームの現実的な相場が掴めます。

「タウンライフを活用すべき」理由は、詳細な提案内容をいくつもの複数の優良店からまとめて貰う事ができるからです。

まず、提案内容は「アイデア&アドバイス」と「プランニング」の2項目。
これは、同じサービスを行っている同業他社と比べて、かなり綿密な内容です↓

この提案は、近所の有名工務店が、希望するリフォームに合わせて
一からオーダーメイドで作成してくれたものです。

これが3〜4店分まとめて手に入り、同じ条件で比較できるので、
しっかりと正確な相場の把握がやりやすくなるというわけです。

無料でプランを貰う
【タウンライフ活用ワザその1】
近所の優良店を今すぐ探す

タウンライフでは、家の近所にある優良な工務店を、登録等も不要で今すぐに見つける事ができる便利な機能があります。

※他にはない、タウンライフだけの便利な機能です。

自分の地域を選び、次のページでやりたい内容にチェックを入れるだけ。

同じページ内の下側に、近所の優良店が一覧で表示されます。
とりあえず、近くの工務店をリサーチしたい時に活用してみて下さい。

近所の優良店を見る
【タウンライフ活用ワザその2】
複数のプランを一括で貰う

近くの店舗の把握しておくだけではなくて、
実際にオーダーメイドでプランも作って欲しい時にはこちら↓

何度も同じ要望を伝える手間なしで、複数プランをゲット!
同じリフォーム内容&要望でも、プランの内容は工務店によって十人十色。その工務店ならではの特徴が分かるはずです。

(気密理論や熱損失に関する知識が豊富/。税金控除や助成金に詳しい等。)

1番グッとくる、理想に近いプランだけを厳選してみて下さい。

無料で一括依頼する
「店舗からの電話に出たくない!」時の対策

実際に依頼する場合は、イタズラ防止のため電話番号入力も必要です。

もし電話連絡されるのがイヤな場合、少し手間がかかりますが、メール連絡のみに指定できる方法があります。

※ タウンライフ本社に、直接 電話で聞いて確認をとった確実なやり方です。

まずはフォーム内に、このように追記↓

送信後、タウンライフに一度だけ電話を入れて「メール連絡のみにして欲しい」旨を伝えれば完了。知りたい情報だけメールに統一して、効率的に受け取れるようになります。