一戸建てで「ピアノの音」を防音リフォームをする方法と相場

一戸建ての家ですと、お子さんがピアノを習っていて部屋にピアノを置きたい、となる事があるかと思います。

ですが、ピアノは音が大きい楽器ですし、近隣住民とのトラブルを避けるためにも、防音対策をしっかりとしなければいけません。

photo by Joseph Morris

 

一戸建ての家でピアノの防音リフォームをする

一戸建ての家は近隣の建物から独立しているため、音の伝わりはマンションなどと比べると比較的少なくて済みます。しかし、少なからず音は必ず伝わっているので、その音の伝わりを少なくする必要があります。

一番に対策をするべき箇所は、窓です。窓は開閉をする設計になっているため音が漏れやすく、気密性が低い窓の場合は隙間がより生じやすくなっているため音がより漏れやすくなってしまっています。

窓の対策方法として一番効果があるのは、窓を二重にする事です。そのためには工事が必要ですが、二重にする事で、音の大きさをおよそ30~40デシベル下げる事ができます。どのくらい音が小さくなるのかを例えて言えば、電車の車内にいるときの音量から図書館の中にいるときの音量ほどまで音を遮る事ができます。

一般的には防音カーテンを想像する方が多いと思いますが、実は防音カーテンは高い音を主に遮音するため、ピアノのような高い音も低い音も扱う楽器の場合にはそこまで効果に期待できない事が多いのです。ただし、防音カーテンの中にはプロ仕様で何重にもなっているカーテンもあるので、高額にはなりますがそれを使えばある程度の防音は期待できるでしょう。

また、窓以外に盲点になりやすい箇所が換気扇です。空気を籠らせないためにも大切な場所ですが、同時に音が漏れる場所でもあるので、なかなか対策が難しい場所でもあります。換気扇の対策は、防音のカバーをかぶせたり、消音機をとりつける方法があります。

 

ピアノの防音リフォームに必要な平均相場

今回一番効果がある防音対策として挙げた窓の二重工事について、必要な平均相場はメーカーによって差がありますが、おおよそ10万円ほどになっています。

防音カーテンは一般的なものですと1万円ほどですが、プロ仕様のものになると10万円以上かかってくることが多いようです。

また、換気扇の防音については、カバーがおよそ1万円ほどになります。また防音工事は、換気扇のサイズや求める防音の強さによって差はありますが、一般的なサイズのものだと10万円ほどあれば足りる様になっています。

▶関連:防音リフォームにはどんな方法がある?実際にかかる費用相場

失敗しないリフォーム業者の探し方
おすすめリフォーム紹介業者【独自調査】ランキング!

適正な相場が知りたい。いい業者だけを教えて!…こんな要望をまとめて解決できるリフォーム紹介業者がリショップナビ

同業者は他にも数十社が存在しています。その中で、当社取材部が独自調査した結果リショップナビがBESTと認定!

次の3つの理由でベスト選定しました↓

【おすすめの理由その1】施工業者に優しい
だから手抜きされない!

利用者に優しいのは当たり前。リショップナビ施工業者にも優しい会社です。

リフォーム紹介業者は、見込み客を紹介し中間マージンを得ています。

リショップナビは紹介料5,000円のみで、他社と比べて圧倒的に施工会社の負担が少ないシステム↓

施工会社への負担が少ないから、職人さんにも正当な報酬が。プロ本来の丁寧な施工でリフォームして貰えるというわけ。

【おすすめの理由その2】加盟店が多い
優良店舗を選べる確率UP!

取材時の段階で加盟店数は1,200社以上リショップナビが1位

加盟店の多さは、業者間でのサービス競争も起きやすく、選ぶ側の選択肢も増えるので、複数のメリットがあります。

数が多いだけでなく、厳正な審査をクリアした業者だけが加盟しているのも◎。

【おすすめの理由その3】保証体制が二重体制
将来に安心が継続!

加盟店に「リフォーム瑕疵保険」の加入を義務づけ、自社保証もあるダブル体制

施工業者と自社保証の二重保証リショップナビだけでした。

リフォームトラブルで最も多い、施工後の不具合にしっかり対応!終了後の安心感に他社と大きな違いがでます。

スマホでも簡単!
正しい相場が分かる!

リショップナビでは、リフォーム内容と場所にマッチした業者を最大5社紹介。

とりあえず金額だけ知りたい!という時も、優良業者の適正な相場が分かり、どこで選ぶかを悩む負担が大幅に減らせます。

まずは30秒で出来る無料見積りをスタートして下さい↓

無料で見積りする