「断熱材の種類」ロックウールとグラスウールの違いと特徴

この記事では、断熱材としてポピュラーなロックウールとグラスウールの違いについて紹介しています。

photo by ilovebutter

 

ロックウールとは?

ロックウールとは玄武岩や安山岩を原料として作られる人工の鉱物繊維のこと。岩が原材料なだけあって、耐火性に特に優れている事が大きな特徴です。


出典:https://hr.wikipedia.org/

例えば家が火災に見舞われた時、ロックウールが家が崩れるまでの時間稼ぎをしてくれます。一般的に鉄骨の強度が大きく落ちる温度は、600度と言われています。

しかし、ロックウールは650~700度までの耐火性を持っているので、ロックウールを使って施工しておけば、万が一炎が鉄骨に当たっていても最終的に600度に達するまでの時間を伸ばすことが可能。

万が一、火災が発生した時でも「避難できる時間」を確保しやすくしてくれる効果が高いと言えます。

石綿(アスベスト)と似ていて、さらに同じ鉱物繊維のためか、安全性に不安の声も聞かれますが、実際のところ両者は全くの別物。ロックウールに発ガン性は確認されていません。

ちなみに、「もしかして、我が家にアスベストが使われてない?」と、心配になってる人向けに、ロックウールとアスベストの簡単に見分ける方法を紹介。

やり方は、とても簡単で「指でこすってみる」だけです。

  • ロックウール:指でこすってみると、粉々に砕ける。目で見ても繊維状に見えない。
  • アスベスト(石綿):指でこすっても砕けない。目で見ても繊維状のままになってる。

指でこすった時に、砕けるか?砕けないか?が見分けるポイントです。

スポンサードサーチ

 

グラスウールの断熱効果

グラスウールとは、リサイクルされた硝子から作られた人工のガラス繊維です。これは日本で最も主要な断熱材のひとつになっており、リフォームの時にもよく使用されます。


出典:https://www.oneworld-tf.co.jp/product.html

業者に依頼すれば、「断熱材はまずグラスウール」という位よく使われます。

その理由うは、多くの断熱材の中でもグラスウールはコスパが高くて、「業者にとっても使いやすい断熱材」となっているからです。

ただ「安い素材」という部分が先行してしまい、時には悪い評判が起こってしまうケースも。

例えば、「グラスウールは水を吸って結露が生じてずれ落ちやすい」等と言われたりもします。

グラスウール自体には撥水性があり結露は生じないのですが、一昔前の業界では正しい施工がされないことが多かった為に結露ができたことも多かったようです。そんな当時の名残もあって、「結露が生じてずれ落ちやすい」という悪評が発生するというわけ。

今では、ちゃんとした業者が正しい施工さえしていれば、グラスウールでもこういった問題は発生する事はありません。

一般的なリーズナブルなグラスウールですが、厚さやサイズがかなり豊富で「性能」にも差があります。

上位グレードの高性能グラスウールは普通の物より繊維が細いので「空気の層」も厚く断熱効果も高いです。ただ、その分、値段も当然高くなってきます。

 

ロックウールとグラスウールの断熱効果の違い

単純に断熱効果を比べてみると、ロックウールと「高性能なグラスウール」なら断熱性能にそこまで差はありません。

目安として「高性能グラスウール」と「ロックウール」の断熱効果がほぼ同じくらい。断熱効果の高さを見る時には熱伝導率である「W/mK」を使いますが、2つを比べてみるとこんな感じになります↓

高性能グラスウール 0.038~0.058 W/mK
ロックウール 0.036~0.05 W/mK

高性能なグラスウールと、ロックウールの値段を比べてみると、どちらもほとんど同じぐらいの値段で、価格の差もありません。

 

ここまでの情報を一覧でまとめると、こんな感じです↓

グラスウール
  • ガラスが材料。
  • 性能ランクがある。
  • 高性能グラスウールなら、ロックウールと断熱やその他性能も同じ。
  • 高性能以外になると、値段が安くなる一方、性能はロックウールに劣る。
ロックウール
  • 石(玄武岩など)が材料。
  • 性能ランクはない。
  • 基本、グラスウールより高性能(※ 高性能グラスウールなら同クラス)
  • 性能ランクがないので、使い分けはしにくい。

「高性能グラスウールとロックウールではどちらが良いのか?」となると、実際に断熱材を使う場所や、使われ方によって変わるので、どちらが良い悪いという事にはなりません

施工場所と家の構造、業者ごとの施工方法も違いがあり、気候条件によっては「どこでも分厚くして断熱すればよいものではない」というケースもあります。

▶関連:【リフォーム】断熱材にはどんな種類がある?効果と性能比較

断熱リフォームの正しい相場が分かる!
★断熱が得意な「有名工務店」も一発検索

リフォームは一般的な買い物に比べ、適正価格が不明瞭ですよね。

「お金を出せば、いいものが出来るのは分かる」
「だけど、逆に、いくらあればできるの?」と思っている人も多いはず。

また、断熱工事は断熱材の優劣で値段が高ければ良いとは限らず、工務店の腕が重要視されるリフォームです。

気密測定・熱損失測定などの専門的な知識を持ちつつ、断熱材の特性も理解した上で、丁寧に施工を行って、初めて100%の性能を発揮。

プロの断熱工事は「魔法瓶住宅」とも言われていて、
夏も冬も室内の温度が一定に。これまで体験した事ない快適さが特徴です。

ですが、表から見えない壁の裏側の工事のため、「手抜き」とまではいかないまでも、断熱材を貼るだけでさっさと終わらせる業者も多いそう。

断熱リフォームが得意な工務店も、その適正相場も分からず進めた結果、高い出費だった…と後悔してしまう前に、まずは正しい情報を知るのが大切です。

そんな、最初の情報収集が捗る便利なサービスが、
「タウンライフ」が行っているリフォームプラン作成です。

タウンライフのサービスを上手に活用すると、やりたい箇所の正確な相場が分かり、腕がいい有名工務店を探すのがとてもスムーズに。

ただ、うまく使いこなすためには、
まずは「リフォーム費用の見極め方」を知る必要があります↓


これが鉄則!断熱リフォーム費用の見極め方

断熱リフォームの適正価格を知るには、見積り価格だけでは不十分です。
必ず、アイデアやプランニング等の提案も一緒に貰うのがポイント。

提案を見て、この値段でどこまでやれる?が分かるので、
その工務店のレベルを見極める指標にする事ができるからです。

そして、見積りと提案を合わせたプランは複数用意するのが鉄則。同じ条件でやった場合の比較ができ、やりたい断熱リフォームの現実的な相場が掴めます。

「タウンライフを活用すべき」理由は、詳細な提案内容をいくつもの複数の優良店からまとめて貰う事ができるからです。

まず、提案内容は「アイデア&アドバイス」と「プランニング」の2項目。
これは、同じサービスを行っている同業他社と比べて、かなり綿密な内容です↓

この提案は、近所の有名工務店が、希望するリフォームに合わせて
一からオーダーメイドで作成してくれたものです。

これが3〜4店分まとめて手に入り、同じ条件で比較できるので、
しっかりと正確な相場の把握がやりやすくなるというわけです。

無料でプランを貰う
【タウンライフ活用ワザその1】
近所の優良店を今すぐ探す

タウンライフでは、家の近所にある優良な工務店を、登録等も不要で今すぐに見つける事ができる便利な機能があります。

※他にはない、タウンライフだけの便利な機能です。

自分の地域を選び、次のページでやりたい内容にチェックを入れるだけ。

同じページ内の下側に、近所の優良店が一覧で表示されます。
とりあえず、近くの工務店をリサーチしたい時に活用してみて下さい。

近所の優良店を見る
【タウンライフ活用ワザその2】
複数のプランを一括で貰う

近くの店舗の把握しておくだけではなくて、
実際にオーダーメイドでプランも作って欲しい時にはこちら↓

何度も同じ要望を伝える手間なしで、複数プランをゲット!
同じリフォーム内容&要望でも、プランの内容は工務店によって十人十色。その工務店ならではの特徴が分かるはずです。

(気密理論や熱損失に関する知識が豊富/。税金控除や助成金に詳しい等。)

1番グッとくる、理想に近いプランだけを厳選してみて下さい。

無料で一括依頼する
「店舗からの電話に出たくない!」時の対策

実際に依頼する場合は、イタズラ防止のため電話番号入力も必要です。

もし電話連絡されるのがイヤな場合、少し手間がかかりますが、メール連絡のみに指定できる方法があります。

※ タウンライフ本社に、直接 電話で聞いて確認をとった確実なやり方です。

まずはフォーム内に、このように追記↓

送信後、タウンライフに一度だけ電話を入れて「メール連絡のみにして欲しい」旨を伝えれば完了。知りたい情報だけメールに統一して、効率的に受け取れるようになります。