「防音リフォーム」ウレタンを壁の防音材に使った時の効果

皆さんは、吸音材の中でもスポンジ状になっている吸音材をご存知でしょうか?実はその吸音材はウレタンという素材でできています。

最近、建物を建てている際に、壁に吹きつけている泡もウレタンのものが多く、よく使われるようになってきた素材です。

photo by Erik

 

ウレタンとは?

ウレタンについては、一般的にはポリウレタン樹脂の事を指します。一概にウレタンと言っても、実は色々な素材のものをウレタンと総称しているのです。今回は一般的なポリウレタン樹脂について説明していきます。

このポリウレタン樹脂は、スポンジのようになっていて、防音室の壁などによく使われています。他の防音材のグラスウールやロックウールと比べると、切りやすくて扱いやすく、弾力があるのが特徴です。また、スポンジ状なので重さもとても軽くなっています。

また、防音性能以外にも、吸水性能や断熱性能も持っていて、建築材料としてもよく使われています。また、最近では伸縮性や(種類によっては)低反発性も注目されていて、生活用品としても使われています。また、細かくなると吸着性が増すという特徴もあり、塗料や接着剤としても使われています。

一見ウレタンと聞くと、身近でないもののように思えますが、実は身の回りで使われているものだったりするのです。

 

ウレタンの防音効果

ウレタンは、防音の種類としてはグラスウールというものと同じように、音を吸収する役割をもつ吸音材の部類に入ります。また、小さい穴が沢山空いている事から、多孔質系と呼ばれることもあります。

防音効果について、吸音材に関してはグラスウールが主流なのでそのグラスウールと比べますと、同じ厚みでもウレタンの方がおよそ10~20dbほど効果が高くなっています。

低音域では効果に違いはあまりありませんが、多孔質系吸音材の特徴でもある高音域の吸音力に置いては効果がグラスウールよりも高くなっています。

実際に数字として表してみますと、ウレタンは最低でも15~20dbは削減することが出来ます。これは、騒がしい街頭から静かな事務所に移動したほどの音量の変化になります。

また、中~高音域になるとその効果も大きくなり、30db以上も削減されることがあります。これは、カラオケ内から静かな乗用車の中に移動したほどの音量の変化です。

本来ですと、重量が重ければ重いほど効果があると言われているのですが、ウレタンのようにスポンジ状で軽い素材でも防音効果は期待することが出来ます。

特に強みは中~高音域の音量削減にあるので、話し声や高い音の削減に大きな効果を発揮してくれるでしょう。

▶関連:防音リフォームにはどんな方法がある?実際にかかる費用相場

 

ウレタンの防音効果はどう?

 

壁の防音DIYの実例紹介

実際に、壁に防音DIYをやってみたい!という時に。自分でもやれる方法をいくつか紹介します。

「手軽で簡単!」ウレタン吸音ボード+剥がせる両面テープ

Amazon等で購入する事ができる、手頃な値段のウレタン吸音ボードのパネルを用意して、はがせる両面テープ等を使って、貼り付けていくパターン。

用意する材料は2つだけ。しかも、パネルを壁の大きさに合わせてカットして、両面テープでつけていくだけ…という方法なのでかなりお手軽です。

防音DIYでおすすめの組み合わせ

KING DO WAY 吸音ボード ニトムズ はがせる両面テープ
 

KING DO WAY の吸音ボードは、5枚セットで手頃な価格なのが魅力。

ニトムズのはがせる両面テープと組み合わせれば、天井や壁等にも貼り付ける事ができます。

 

「賃貸住宅にもおすすめ!」ブチルテープ+マスキングテープ+吸音ボード

設置しようとしてる場所の壁紙の耐久性が心配だったり、「設置したけど、すぐに吸音ボードが剥がれて落ちてくる!」という時におすすめの方法。

ブチルテープとは、こんな感じのテープ↓


ニトムズ 強力両面テープ

業務用で使われたり、カーアクセサリー等の取り付けにも多用されるテープで、普通のテープに比べてゴムゴムとした層の部分があり、吸着性が高い事。

また耐久性や防水性も高いので、普通の両面テープよりもかなり剥がれにくくする事ができます。

いきなりブチルテープを壁紙に貼り付けると、剥がす必要がある時に、全部 壁紙ごとバリバリに剥がれてしまうので… まずは、ブチルテープを貼り付ける壁に、マスキングテープを貼り付けておきます。

その上に、ブチルテープ、吸音ボードの順番で貼り付けていけばOK。

防音リフォームの正しい相場が分かる!
★防音が得意な「有名工務店」も一発検索

リフォームは一般的な買い物に比べ、適正価格が不明瞭ですよね。

「お金を出せば、いいものが出来るのは分かる」
「だけど、逆に、いくらあればできるの?」と思っている人も多いはず。

また、防音工事は防音材の優劣だけで決まるものではなく専門知識も特別な技術も必須。一般リフォームとは違う特殊な工事です。

良い工務店も相場も分からず進めた結果、前と変わらず音が響く…と後悔してしまう前に、まずは正しい情報を知るのが大切です。

そんな、最初の情報収集が捗る便利なサービスが、
「タウンライフ」が行っているリフォームプラン作成です。

タウンライフのサービスを上手に活用すると、やりたい箇所の正確な相場が分かり、腕がいい有名工務店を探すのがとてもスムーズに。

ただ、うまく使いこなすためには、
まずは「リフォーム費用の見極め方」を知る必要があります↓


これが鉄則!防音リフォーム費用の見極め方

防音リフォームの適正価格を知るには、見積り価格だけでは不十分です。
必ず、アイデアやプランニング等の提案も一緒に貰うのがポイント。

提案を見て、この値段でどこまでやれる?が分かるので、
その工務店のレベルを見極める指標にする事ができるからです。

そして、見積りと提案を合わせたプランは複数用意するのが鉄則。同じ条件でやった場合の比較ができ、やりたい防音リフォームの現実的な相場が掴めます。

「タウンライフを活用すべき」理由は、詳細な提案内容をいくつもの複数の優良店からまとめて貰う事ができるからです。

まず、提案内容は「アイデア&アドバイス」と「プランニング」の2項目。
これは、同じサービスを行っている同業他社と比べて、かなり綿密な内容です↓

この提案は、近所の有名工務店が、希望するリフォームに合わせて
一からオーダーメイドで作成してくれたものです。

これが3〜4店分まとめて手に入り、同じ条件で比較できるので、
しっかりと正確な相場の把握がやりやすくなるというわけです。

無料でプランを貰う
【タウンライフ活用ワザその1】
近所の優良店を今すぐ探す

タウンライフでは、家の近所にある優良な工務店を、登録等も不要で今すぐに見つける事ができる便利な機能があります。

※他にはない、タウンライフだけの便利な機能です。

自分の地域を選び、次のページでやりたい内容にチェックを入れるだけ。

同じページ内の下側に、近所の優良店が一覧で表示されます。
とりあえず、近くの工務店をリサーチしたい時に活用してみて下さい。

近所の優良店を見る
【タウンライフ活用ワザその2】
複数のプランを一括で貰う

近くの店舗の把握しておくだけではなくて、
実際にオーダーメイドでプランも作って欲しい時にはこちら↓

何度も同じ要望を伝える手間なしで、複数プランをゲット!
同じリフォーム内容&要望でも、プランの内容は工務店によって十人十色。その工務店ならではの特徴が分かるはずです。

(気密理論や熱損失に関する知識が豊富/。税金控除や助成金に詳しい等。)

1番グッとくる、理想に近いプランだけを厳選してみて下さい。

無料で一括依頼する
「店舗からの電話に出たくない!」時の対策

実際に依頼する場合は、イタズラ防止のため電話番号入力も必要です。

もし電話連絡されるのがイヤな場合、少し手間がかかりますが、メール連絡のみに指定できる方法があります。

※ タウンライフ本社に、直接 電話で聞いて確認をとった確実なやり方です。

まずはフォーム内に、このように追記↓

送信後、タウンライフに一度だけ電話を入れて「メール連絡のみにして欲しい」旨を伝えれば完了。知りたい情報だけメールに統一して、効率的に受け取れるようになります。